女性カウンセラー 女性専門カウンセリング 催眠療法 NLP心理療法 レイキ伝授 千葉 船橋 
催眠療法 NLP レイキ カウンセリング 千葉 船橋 アミティ
ご挨拶 

カウンセリングを知る前の私は・・

「どうして・・・なんで、いつもこうなってしまうんだろう・・・」

ごく普通の家庭の3人姉妹の末っ子に生まれた私は、ごく普通に育ったと
思っていました。

そう、自分は、“ごく普通”だと。



でも・・・。
知らず知らずのうちに、自分に自信が持てなくなっていて、・・・いつの間にか、
「私は、幸せになれない・・・」
という、強迫観念を抱くようになってしまっていたのです。


よく思っていたのは、「自分を認めて貰いたい」ということ。
そして、周りの人に尽くしたり、過剰に頑張ってみたり。


それでも思いが届かないと、

「やっぱり、自分には価値がない」と・・・


その思い込みが生み出したものは、様々な現象となって私に襲い掛かってきました。


学生時代から続くコンプレックス、不条理な人間関係、依存…。
当然、恋愛にも臆病でした。恋愛が終わる度に自分を責めては、自己嫌悪の繰り返し。
両親からも心配され、沢山の迷惑を掛けました。


そんな先の見えない暗い毎日の中で、それでも「何か」を掴みたいと願っていたのかもしれません。


どうにかして自分を変える為に、私は色々なものにチャレンジしました。

「趣味を持てば楽しくなるかも!」
テニス、スキューバーダイビング、スノーボード、ボディーボード、バスケット・・・。


「知識を増やせば変われるかも!」
その思いで、毎週の図書館通い・・・。

また、人間関係を充実させる為に、自分でイベントを主催したり、ボランティア活動に参加したり、スキルアップのために、パソコンスクール、英会話、そして、転職・・・。


思えば、そんな風にチャレンジする事で、必死に心の隙間を埋めようとしていたのかも知れません。

常に何かを求めて行動をしていたので、周りからは、「明るくてパワフルな人」という印象を持たれていました。

しかし、本当の自分は自己否定ばかりなので、そんな周囲とのギャップに段々疲れるようになっていきました。
今思えば、あれは十分鬱だったのかもしれません。


「何かが足りない!・・・自分という存在そのものに自信が持てない・・・何をしても・・・」


もがき苦しんだ最後に、一大決心をして私が選んだ道は、海外留学でした。
海外での生活は刺激的で、国籍や世代を超えた友人関係が出来たり、環境の変化と共に自分の変化を感じたのは確かでした。


「もう、今までのネガティブ癖は、治ったんだ!」

そして、帰国。

今度こそ、今までの経験を活かして活躍しようと、胸を弾ませて社会復帰しました。

・・・そう思っていたのに。


本質的な部分での変化は、まだまだ不充分だったと気付かされるのでした。

表面的には元気に振舞っていたので、人からは、それ程悩んでいるようには見えないと言われる事もありました。

でも、私を良く知る友人からは、
「色んな事を経験してきたんだね・・・。あなたの人生って凄い!!」

そして、いつの間にか、「いつか本を出せるよ!」と、驚かれるようにまでなっていたのです。


確かに沢山の苦悩もありました。涙に暮れる日々が、永遠に思えたこともありました。

自分で言うのもなんですが、思えば、いつしか波乱にとんだ人生を歩んでいたのかも知れません。


そして、時間は、月日は、そんな私をあざ笑うかのように刻々と過ぎて行くのです。


「・・・30代か。このまま、私、どうなっちゃうんだろう・・・」

「今までやってきたことも、海外留学も、所詮時間とお金の無駄だったんじゃないか」

「二人の姉は、結婚し、子供にも恵まれている・・・、それに比べて私ったら・・・」

焦りと漠然とした不安から、それまでの楽しかった経験や、一生懸命頑張った日々さえ色褪せていくような・・・。


そんなある日、
「幸運になるパワーをあなたに送ります」

その文章を、あるホームページで見た時、馬鹿なことだと思いつつも、それを頼らずにはいられませんでした。

精神的に疲れ切った私が、藁をも掴む気持ちで救いを求めたのは、霊能鑑定だったのです。

それは、いわゆる霊能力を持っているとされる方が、私の霊障(霊的な障害)や人生を遠隔透視してくれ、アドバイスをして下さるというもので、早速、予約を取って霊視してもらいました。

そして、「(幸せになれる)パワーを送ります」と言われても・・・、電話を切ったとたんに押し寄せる不安・・・。

そして、また別の人に見てもらうという悪循環の果てに、結局は、掛けても掛けても満たされない思いだけが私を襲いました。


相談に乗ってもらった友人達には、叱られたり、呆れられたり・・・、だんだんと孤独を感じるようにもなりました。

「どうしよう、このままじゃ本当にいけない!」

「何とか、何とかしなきゃ!」


諦めずにインターネットで検索をしていた私の目の前に現れたのは


「潜在意識を味方にすれば、あなたは変われる!」

という言葉・・・。

思わず、全身に電流が走るような衝撃を受けました。

「何それ!本当に!?」


それは、心理療法の一種である
「催眠療法」
ホームページだったのです。

そういうものがあることは知っていましたが、自分には無関係の世界としか思っていませんでした。何となく、いかがわしくて怪しげなイメージ・・・だと感じていたのです。

でも・・・。

「よし!受けてみよう!」

私は諦めの悪いタイプなのです。

だって、せっかく生まれてきたんです。この貴重な人生、もっと充実させたい。もっと愛し、愛され、毎日を輝かせたい。


そして私は、見えない手に導かれるように、
心理療法(催眠療法)と出逢いしました。

そこには・・・、
今までの自己認識を180度変化させるほどの世界が広がっていたのです。

ついに、私の空回りし続けてきた歯車が、元の正確な位置にしっかりと戻った瞬間でした。


それからは、
やること成すこと不思議とうまく行き、次々に出逢いやチャンスが訪れ、毎日が活気に満ちていったのです。

こうして私の人生は、短期間で激変したと言っても過言ではありません。


もちろん、催眠は魔法でもマジックでもありません。
しかし、私は心理療法や催眠療法との出逢いで、自分自身を探求し、気付き、そして変化することができたのです。

そして、自分に対する考えが変わったと同時に、自分を取り巻く環境までもがドンドンと変わっていく事を、身をもって実感しました。


周囲の人達は、口を揃えて、
「何か、活き活きとして、楽しそうだね。変わったね!」
と驚くほどでした。

それもそのはずです。一番驚いていたのは、私自身なのですから・・・。


一番の喜びは、常に自分を否定していたマイナス思考がプラス思考になり、
自分を許し、大好きになれた事。そして、自分が選んだ道は正しいと思えるようになった事です。

これまで、10年以上私を苦しめていた重荷が、遥か彼方に飛び去っていくような感覚でした。

「私は、価値がないし、幸せになれない・・・」
から、
「私は、ありのままで素晴らしい!」へ。


自分自身の見方が変わったとき、人生の見方も変わっていたのです。


この時、今までの人生の意味が分かったような気がしました。


それからの私は、ほとんどの時間を、心理療法(セラピー)の習得と研究に費やしてきました。

自分の可能性を押し開いてくれたこの世界に飛び込み、多くの人々の幸せへのお手伝いをしたいと感じたのです。あの苦しみの日々が無ければ、決してこの道を歩まなかったでしょう。

現在も、まだまだ学びの日々ですが、常に心理カウンセラーとしての向上を目指しつつ、以前の私と同じように苦しんでいる方や、悩みを抱える方に向き合い、誠心誠意の施術を行っています。

心が変化した時に感じられる、喜びと感謝の気持ちを少しでも多くの皆さんと共感できることを願い・・・。


私は、あなたに出逢いたいのです。

なぜなら、

あなたには、輝く未来があるからです。


                              



●H O M E  ●施術内容 ●体験談 ●Q & A ●カウンセラー養成講座 ●ワークショップ ●地図

●レイキヒーラー養成コース ●療法士紹介 ●日記 ●おすすめの本 ●お問い合わせ ●無料相談 ●サイトマップ



千葉県船橋市の女性専門カウンセリング アミティ